ビヨンド・ザ・ロウ/勝つのはどっちの悪?

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ビヨンド・ザ・ロウ」です^^

スポンサーリンク

 

ビヨンド・ザ・ロウの予告編

 

ビヨンド・ザ・ロウの作品概要

制作年:2017年

制作国:フランス/ベルギー

上映時間:87分

配信サイト:

原題:Tueurs

監督:ジャン=フランソワ・アンジャン , フランソワ・トロウケンス

脚本:フランソワ・トロウケンス

制作:

出演キャスト:オリヴィエ・グルメ , ルブナ・アザバル , ケヴィン・ヤンセンス , ブーリ・ランネール

 

ビヨンド・ザ・ロウのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「うーん」です。

映画「ビヨンド・ザ・ロウ」は2017年に制作された作品で、凄腕の窃盗団としてこれまで生活を送ってきた「フランク」が、静かな生活を手に入れるため最後の仕事として選んだ仕事がとんでもない事態への幕開けとなる姿を描いた「クライム・アクション作品」です。

 

ビヨンド・ザ・ロウのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「ビヨンド・ザ・ロウ」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

窃盗団を生業としてきた男性「フランク」

彼の腕は確かなものであり、これまで大きな問題もなくやってきた。

しかし、今回の仕事を最後に家族と静かに暮らしたいと考えた「フランク」は、最後の仕事となる「現金輸送車強盗」を仲間たちと計画する。

綿密な計画を立て、いよいよ実行当日。

なんの問題もなく、無事に終わり、仲間と成功を喜んでいた。

 

一見、成功したかに思えた今回の仕事。

だが、裏では謎の犯罪組織の罠が潜んでいた。

そのせいで仲間は警官に殺され、「フランク」も逮捕されてしまう。

そして「フランク」は身に覚えのない「検事殺し」の濡れ衣を着せられてしまったのだ。

しかし納得のいかない「フランク」は、仲間の協力のもと脱獄を決意する。

なんとか脱獄に成功した「フランク」だったが、彼に濡れ衣を着せた相手はとんでもない人物だった…。

 

ビヨンド・ザ・ロウの感想 うーん

そんな今作「ビヨンド・ザ・ロウ」ですが、先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」にてレンタルした作品です✨

レンタルが開始されたのが「2018年6月2日」の作品なので、まだ新作扱いの作品ですね!

これからレンタルを考えている方は知っておいてもらえれば良いかと思います^^

 

今作「ビヨンド・ザ・ロウ」のキャッチフレーズとして「ノンストップアクション」と謳われているのですが、まずこれに関しては嘘もいいところですね💦

スポンサーリンク

「一体、どこがノンストップなのか?」

もはやストップしかしていません、いやこれ本当にw

正直なところ、今作「ビヨンド・ザ・ロウ」に関してはこれといって言うことないんですよ💦

内容に関して言うと、私は好きでありませんし、面白いとは思えませんでした。。。

設定自体は面白いと思うんですよ?

ただ、それを製作陣が活かしきれていないのかな?という印象の作品でしたね。

とにかく全体的にダラダラしている感が否めない。それゆえに見ていて飽きてくるんですよ💦

でも、「好きな人は好きな作品かな?」と私は感じたので、万人ウケではなく、人を選ぶタイプのアクション作品だと思っていただければ良いかと思います^^

 

そんな今作「ビヨンド・ザ・ロウ」ですが、個人的に高評価な点として銃撃戦や銃を使った演出には力が入っているとは思いました✨

ミリオタは興奮してしまうタイプの映画ですねw

ここは高評価です👍

あと、作品内で使用されている車が無駄に高級車だったりと、お金はかかっている作品なのかもしれません。

だとしても、個人的には宝の持ち腐れだとすら思いますけどね。

 

それ以外に話すことは特にないですね💦

キャストも特別有名な人物が出ているようには思いませんでしたが、主演の「オリヴィエ・グルメ」氏は知っている人は知っている有名な脇役のようです✨

 

ビヨンド・ザ・ロウのキャストは?

今作「ビヨンド・ザ・ロウ」のキャストですが、残念ながら紹介できそうな人物はいないですね💦

楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったら申し訳ありません。。。

また機会があれば紹介したいと思います^^

 

ビヨンド・ザ・ロウの結末は?

今作「ビヨンド・ザ・ロウ」の結末についてですが、「あぁー、そんな感じなんやぁ」みたいな結末ですね!

ぶっちゃけ途中から飽きていたので、どんな結末でもよかったんですけどw

何かひねりがあるわけでもありませんし、わざわざ語るほどのことはありません。

ただ、エンドロール時の音楽は個人的に好きです👍

今作で一番よかったのはこの音楽ですねw

 

まとめ&評価

これで「ビヨンド・ザ・ロウ」のレビューは終了です。

今回はいつもと比べてかなり短い記事になってしまいましたね💦

申し訳ありません。

手を抜いているわけではないですよ?

それぐらい言うことがないんです💦

少し期待していた作品だったので、私としてもここまで言葉が出てこなくて残念としか言えません。。。

 

ビヨンド・ザ・ロウの評価は?

最後に、今作「ビヨンド・ザ・ロウ」に評価をすると2.0/5.0です。

高評価をつけている方もいらっしゃる作品なので、間違いなく人を選ぶ作品だと思いますね!

ただ、ノンストップではありませんし、アクション作品と呼ぶべきかどうか、私は微妙なところだと思います。

雰囲気は嫌いじゃないんですけどね💦

何もかも中途半端な感じが私は好きではなかったです。

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ