ビジネス・ウォーズ/コメディだけではない?意外なドラマにも注目!

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ビジネス・ウォーズ」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ビジネス・ウォーズの予告編

 

ビジネス・ウォーズの作品概要

制作年:2015年

制作国:アメリカ

上映時間:91分

配信サイト:Netflix , amazonプライムビデオ , U-NEXT…etc.

原題:Unfinished Business

監督:ケン・スコット

脚本:スティーヴ・コンラッド

制作:

出演キャスト一覧

・ヴィンス・ヴォーン(ダニエル)

・トム・ウィルキンソン(ティモシー)

・デイヴ・フランコ(マイク)

・シエナ・ミラー

・ジェームズ・マースデン

・ニック・フロスト

・ジューン・ダイアン・ラファエル

・エラ・アンダーソン

・クレメント・フォン・フランケンスタイン

・メリッサ・マクミーキン

・スーザン・ガリボット

 

ビジネス・ウォーズのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「下品なだけではない」です。

映画「ビジネス・ウォーズ」は2015年に制作された作品で、会社に利益をもたらしてきたにも関わらず給料を減らされることになった男性が、減給をきっかけに起業する姿を描いた「コメディ作品」です。

 

ビジネス・ウォーズのざっくりあらすじ紹介

会社員として会社に利益をもたらし続けてきた男性「ダニエル」

 

「ダニエル」は愛する家族のため必死で仕事を頑張ってきたにもかかわらず、5%の減給を営業部長より告げられる。しかし、このことに納得できない「ダニエル」は、会社を辞職し、自身で会社を立ち上げることにする。

 

起業した「ダニエル」は従業員として定年退職となった男性「ティモシー」と、少し変わった青年「マイク」を引き入れた。だが、なかなか思ったように会社は軌道に乗らず、破産寸前の状況へと追い込まれてしまう。

 

そんな中、起死回生のきっかけとなる大口契約を取り付けるため、ドイツへと「ダニエル」たちは足を運んだ。しかし、ここで以前「ダニエル」に減給を告げた営業部長と出くわす。予定ではすぐさま契約を完了し、起死回生となると考えていた「ダニエル」だったが、そんな簡単に行くはずがなかった。

 

ビジネス・ウォーズの感想

今作「ビジネス・ウォーズ」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

 

久しぶりのコメディ視聴となった今回ですが、「〜ウォーズ」とタイトルにつくコメディ作品は多い印象にある中、キャストに「ヴィンス・ヴォーン」と「デイヴ・フランコ」がいることから視聴するに至りました。

スポンサーリンク

 

ぶっちゃけた感想、かなり人を選ぶ作品ではあると思います。ですが、ワタシは楽しく視聴することができたので、「人を選ぶ」この部分について説明しながら、ワタシの感想をお話ししていきたいと思います^^

 

下ネタ多め

今作「ビジネス・ウォーズ」ですが、とにかく下ネタが多めの作品となっています。たくさんのコメディを視聴し、下ネタ要素のあるコメディ作品もたくさん視聴してきたワタシですが、今作はこれまでで1番と言っても過言でないほど下ネタだらけの作品です。

 

そもそも、海外コメディと下ネタの組み合わせは切ってもきれない関係にあります。これは日本との文化の違いでしょうね!個人的に下ネタコメディはウェルカムではありますが、

「コメディ映画は好きだが、下ネタは苦手」

こういった意見も多数見られるのが現実なワケで、ワタシが「人を選ぶ」と感じた理由の1番がこれなんですね。「おっ◯い」や「お◯ん◯ん」などとにかく卑猥なワードが盛りだくさんの作品であることは間違いないです。

 

なので下ネタが苦手だという方は視聴する際に注意が必要な作品だとワタシは思います。

 

ヒューマンドラマもあり

今作「ビジネス・ウォーズ」ですが、ここまではただの下ネタコメディだと紹介してきましたが、意外とヒューマンドラマっぽい部分もある作品です。

 

まず「ダニエル」の家庭事情。肥満の長男はいじめられっ子であり、そんな長男をいじめから守ろうと暴力事件を起こす次女。そしてそんな長男と次女に父親らしく正しい教育を行う「ダニエル」の姿。

 

あと、ドイツで行うはずだった大口契約が取れなかった場合、部下の「ティモシー」と「マイク」を「クビにしなければならない」と頭を抱える「ダニエル」の姿。

 

こういった部分もしっかりと描かれており、

「ただふざけたコメディ作品ではない」

そんな印象を受けた作品でした^^

 

まとめ&評価

これで「ビジネス・ウォーズ」のレビューは終了です。

 

ぶっちゃけ、見終わったあと“ナニカ”が残る作品ではありません。ですが、軽い気持ちで楽しい1時間30分を過ごせると考えれば、視聴する価値は十分にあるとワタシは思います。

 

下ネタコメディが好きな方にはぜひオススメの1作です^^

 

ビジネス・ウォーズの評価は?

最後に、今作「ビジネス・ウォーズ」に評価をすると3.5/5.0です。

 

個人的に不満はありません。序盤は少し退屈な展開が続いてしまう作品ではありますが、時間が経つにつれ楽しくなる作品でしたし、序盤で折れずに最後まで視聴してほしいと思う作品ですね^^

 

ただ、何度も言っていますが、下ネタが苦手であれば注意してくださいね!お子さんとの視聴を考えているのであれば、なお注意が必要だとワタシは思います。

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ