バッドガイズ!!/極悪警官コンビがやりたい放題!?

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「バッドガイズ!!」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

バッドガイズ!!の予告編

 

 

バッドガイズ!!の作品概要

制作年:2016年

制作国:イギリス

上映時間:98分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス) , Amazonプライムビデオ , U-NEXT , dTV…etc.

原題:War on Everyone

監督:ジョン・マイケル・マクドナー

脚本:ジョン・マイケル・マクドナー

制作:

出演キャスト一覧

・アレクサンダー・スカルスガルド(テリー)

・マイケル・ペーニャ(ボブ)

・テッサ・トンプソン(ジャッキー)

・ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ラッセル)

・テオ・ジェームズ(ジェームズ)

・マルコム・バレット

・ステファニー・シグマン

 

バッドガイズ!!のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「悪くはないけど…」です。

映画「バッドガイズ」は2016年に制作された作品で、警官でありながら裏では悪さばかりを繰り返しているコンビ「テリー」と「ボブ」が、表の顔はイギリス人実業家の「ジェームズ」を彼らのやり方に乗っ取り、そして悪事をさばく姿を描いた「クライム・アクション作品」です。

 

バッドガイズ!!のざっくりあらすじ紹介

警官という立場にありながら、その立場を利用し、悪人たちから「麻薬」や「金」を横領するような生活を送る「テリー」と「ボブ」

彼らの悪行は上司たちも知っており、「次に問題を起こせば解雇」という極限状態にありながらも悪事を繰り返すコンビ。

そんな「テリー」と「ボブ」が次に目をつけたのが、100万ドルほどの大金が絡む、悪人たちの取引だった。

 

この取引に関するより詳しい情報を手に入れるため、悪人たちと関わりがある黒人男性の「レジー」と仲間の情報屋を巻き込む。

そしてこの2人から手に入れた情報を頼りに100万ドルの行方を捜索。

すると、表の顔は実業家でありながら、裏では悪人たちを束ね、そのボスという立場に君臨する男性「ジェームズ」に目をつける。

 

「ジェームズ」に直接接触をはかる「テリー」と「ボブ」だったが、仲間だった「レジー」の裏切りや、「ジェームズ」の部下「ラッセル」の邪魔が入ったりと、なかなか接触できずにいた。

「ジェームズ」も、自身が「テリー」と「ボブ」に目をつけられていることを把握はしていたが、汚職警官であっても2人に手を出せば、警官たちから狙われることが目に見えており、なかなか手を出せず。

そんな状態が続く中、「テリー」と「ボブ」は、「ジェームズ」と決着つけざるをえない時が訪れる…。

 

バッドガイズ!!の感想 悪くはないけど…

今作「バッドガイズ!!」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今作には「ビル・スカルスガルド」の兄であり、「ターザン:REBORN」や「Netflixオリジナル作品」の「ミュート」や「ホールド・ザ・ダーク そこにある闇」に出演していたことでも知られる「アレクサンダー・スカルスガルド

『Netflixオリジナル』ホールド・ザ・ダーク そこにある闇/雰囲気だけは申し分なし!?

2018.09.30

『Netflixオリジナル』ミュート/声なき男の戦い

2018.02.24

そして大人気マーベルヒーローが登場する「アントマン」や「Netflixオリジナル作品」の「エクスティンクション 地球奪還」にも出演していた「マイケル・ペーニャ

『Netflixオリジナル』エクスティンクション 地球奪還/衝撃の展開

2018.07.27

この2人が汚職にまみれた極悪警官コンビを演じており、ブラックジョーク差別的要素ふんだんに盛り込まれた作品です。

主演の2人以外にも、「アレクサンダー・スカルスガルド」演じる「テリー」の恋人「ジャッキー」を演じているのは「テッサ・トンプソン」でしたね!

彼女は「マイティ・ソーバトルロイヤル」や「アナイアレーション 全滅領域-」にも出演していました。

マイティ・ソーバトルロイヤル/ついに最強の姉弟喧嘩開始 ソーが覚醒!?

2018.08.15

『Netflixオリジナル』アナイアレーション 全滅領域-/1度で理解

2018.03.16

 

とにかくキャストは豪華でした^^

スポンサーリンク

というより、「キャストだけは…」と言った方が良いかもしれませんねw

「なぜキャストだけ?」

この後、ご紹介したいと思いますw

 

オススメする理由を見つけられない…

今作「バッドガイズ!!」ですが、先ほど「キャストだけは…」とお知らせしましたよね?

それについてここではお話していきたいとおもいます。

 

今作「バッドガイズ」は「ブラックジョーク」「差別要素」ふんだんに盛り込まれた作品ともお話したかと思います。

今作自体、ジャンルに分けると「クライムアクション作品」です。

いわゆる「警官が絡むアクション」映画なのですが、そこにちょくちょくコメディを混ぜてきている作品なんですね!

このコメディ感がぶっちゃけ笑えるモノ笑えないモノの差が激しいんです…。

下ネタコメディ好きの私は、下ネタが絡む笑いや、悪意のない弄りに関しては素直に笑ってしまいます。

ですが、差別に関しては笑えないですし、今作での差別は、

ライ
視聴者を意識しているのかな?

なんて風に私は感じてしまいました。

 

現代の映画って、「人種差別」はもちろん、「LGBT」を取り扱っている作品も多いですよね?

今作「バッドガイズ!!」もそれらと同じなのですが、「LGBT」要素などを少々無理にぶち込んできている感が否めないんです…。

文章でお伝えするのがかなり難しくあるのですが、

ライ
このキャラがLGBTである必要はあるのか?

と…。

 

なんだか無理矢理感が非常に強く、そうするに至った意味が見出せなかった私がいました。

 

 

 

あともう1つ、これは作品全体にメリハリを感じられない…これですね。

今作「バッドガイズ!!」は約100分で制作された作品ですが、なんというか終始同じテンションでずっと続いていくんです…。

もっとメリハリがあればいいのですが、メリハリなどないままストーリーは進んでいき、気がつくと終わっている…。

退屈でもないのですが、慢性で視聴している私がいたのは事実です。

最初から最後までノンストップアクションなら文句もないのですが、高くも低くもないテンションで、ひたすら話が進んでいく…。

この感じは、

ライ
人によって退屈だと感じてしまう方もいるのでは?

と、私は思いましたね。

 

バッドガイズ!! エンディングの曲は?

今作「バッドガイズ!!」のエンディング時に、「アレクサンダー・スカルスガルド」演じる「テリー」と「マイケル・ペーニャ」演じる「ボブ」が、

「この曲好きなんだよなぁ〜」

と言っていた曲がありましたよね?

私自身、どこで聞いたかは覚えていませんでしたが、聞いたことのある有名な洋楽でしたよね?

あの曲についてですが、歌っているのは「ザ・クラッシュ」という名の「パンク・ロックバンド」であり、曲名は「 I Fought the Law」ですね!

日本でもCMで流れていたようで、私はそれで知っていたのだと思います^^

ちなみに「日産」の「エクストレイル」という車種のCMだったそうなので、興味のある方は調べてみてください。

 

まとめ&評価

これで「バッドガイズ!!」のレビューは終了です。

「ラッセル・クロウ」と「ライアン・ゴズリング」が共演している「ナイスガイズ!」とタイトルが似ていることと、今作の主演が「アレクサンダー・スカルスガルド」と「マイケル・ペーニャ」だったがゆえに期待していましたが、完全に期待ハズレの作品でしたね。。。

ナイスガイズ!/いつものイメージと違う2人!?

2018.08.28

2人とも良い俳優なのに、この完成度はもったいないと私は思ってしまいました。

 

バッドガイズ!!の評価は?

最後に、今作「バッドガイズ!!」に評価をすると2.5/5.0です。

ぼーっと見る分は良い映画なのかもしれませんが、アクションやコメディに期待して視聴すると、ガッカリしてしまう恐れがありますね…。

残念ながら私は好きではありませんし、あえて人にオススメできるような作品でもありません。

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ