22年目の告白 私が殺人犯です/復讐は世代をも越える…

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「22年目の告白 私が殺人犯です」です。

 

22年目の告白 私が殺人犯ですの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「22年目の告白 私が殺人犯です」は2017年に製作された作品で、「藤原竜也」と「伊藤英明」がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描く「クライムサスペンス作品」です。

 

製作年:2017年

製作国:日本

監督:入江 悠

脚本:平田 研也 , 入江 悠 

製作:中山 良夫 , 加太 孝明 , 高橋 雅美 , 大村 英治 , 堀 義貴 , 薮下 維也 , 永井 聖士 , 高橋 誠 , 弓矢 政法 , 前田 義晃 , 吉羽 治 , 小笠原 明男 , 荒波 修

出演キャスト:藤原 竜也(曽根崎 雅人) , 伊藤 英明(牧村 航) , 夏帆(岸 美晴) , 野村 周平(小野寺 拓巳) , 石橋 杏奈(牧村 里香) , 竜星 涼(春日部 信司) , 早乙女 太一(戸田 丈) , 平田 満(滝 幸宏) , 岩松 了(山縣 明寛) , 岩城 滉一(橘 大佑) , 仲村 トオル(仙堂 俊雄)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

22年目の告白 私が殺人犯ですのあらすじ

1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/85298/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「見事に騙された…」です。

この作品「22年目の告白 私が殺人犯です」は2017年に製作された作品で、「藤原竜也」と「伊藤英明」がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描く「クライムサスペンス作品」です。

 

22年目の告白 私が殺人犯です 感想 驚きの連続

この作品「22年目の告白 私が殺人犯です」ですが、まずキャストが豪華♪

主演の「伊藤 英明」さんと「藤原 竜也」さんだけではなく、「仲村トオル」さんや「早乙女 太一」さんなど、他にも有名な方が多数出演しています^ ^

そんな今作ですが、私としてはやはり「藤原 竜也」さんの演技に期待していました。

今作での「藤原 竜也」さんは「殺人犯」を演じています。

ただの悪役ではなく、ちょっと狂った「サイコパス」な悪役を演じさせたら「藤原 竜也」さんより優れた日本人俳優はいないのでは?と改めて思わされる演技の連続です。

そんな今作ですが、本当に驚く展開の連続です!!

この作品について検索するといかにも殺人犯感を出した「藤原 竜也」さんが映された画像が出てくるかと思います。

スポンサーリンク

「藤原 竜也」さん演じる「曽根崎」は1995年に起こった連続殺人事件の犯人だと時効を迎えた22年後、公の場に姿を現し、事件の全てを書いた「本」を出版するのですが、後々世間に姿を現した「曽根崎」の前に「真犯人」と名乗る人間が現れます。

テレビ中継で「曽根崎」と「真犯人」と「伊藤 英明」が演じる「牧村」が顔を合わせ、「誰が本当の犯人なのか?」という話の中で、まさかのこの本を書いたのも、連続殺人事件を犯したのも「曽根崎」ではない…。

まあでも作品の流れからしてここまでは予想できないこともないですが、この後の実はこの本を書いたのは「牧村」だったという展開には衝撃を受けました^^;

 

この展開を予想していた人はまずいないでしょう?いるのだとしたら相当の切れ者です!笑

実は「曽根崎」と「牧村」は協力関係にあり、真犯人をおびき出すためにこんな手の込んだことをしたのです。

そしてその思惑通り「真犯人」が公の場に登場…。

ちなみに、5件の事件と言いましたが実は本には記されていない事件がもう1件あり、それは「牧村」の妹が失踪した事件でした。

失踪した妹の婚約者であった男…それが「曽根崎」だったのです^^;

「曽根崎」は婚約者を失ったショックでビルから飛び降り自殺を測るのですが、自殺は失敗し、それでも自殺をしようと企みます。

それを必死で止めた「牧村」と「曽根崎」は、自殺はやめて「犯人」を絶対に捕まえると決め、「整形」と「戸籍」を変えてまでして「犯人」をおびき出すことに見事成功しました。

そしてようやく追い詰めた真犯人を目の前にしたのは良かったですが、そこにいた男の正体は全く関係のない人物で、その男はインターネット上で雇われた無関係の人物だったのです^^;

この時点で驚きの連続すぎて、ちょっと頭がパニックになっていましたが、とにかく「ワクワク」「ドキドキ」の連続が止まらない!!という状態でした♪

これをきっかけに「真犯人」へと近づいていき、最後には犯人を逮捕するというラストでした。

ちなみにその犯人についても衝撃を受けました!!

まさかの人物が本当の犯人です。

それはご自身の目でぜひ見てくださいね^ ^

 

22年目の告白 私が殺人犯です 感想 違和感?

そんな今作ですが、個人的には非常に楽しめた作品であり、かなりおすすめです!

ただ少し設定に違和感のようなものがあるのも否めません…。

特に私が違和感を感じたのは、「曽根崎」の命を狙い「握手会」に現れた「戸田」が、「曽根崎」に向かって銃を発砲…。

その場にいた「牧村」は、「戸田」が撃ったということをわかっているにもかかわらず、後日逮捕といったこともない感じでほったらかし^^;

次に姿を現したのは「エンドロール内」でした。笑

警官である「牧村」が、銃を発砲した人間を見逃す…という設定に違和感を感じたのは私だけでしょうか?

 

まとめ

これで「22年目の告白 私が殺人犯です」のレビューは終了です。

正直、期待していた作品でしたが、その期待を上回ってくるレベルの作品だと私は感じました。

これだけ何度も騙され、衝撃が連続する作品はかなり貴重だと思います。

またその衝撃が予想しないところからなのもいいですね♪

「サスペンス」好きにはぜひおすすめの作品です!!

あと「藤原 竜也」さんが好きという方にもおすすめですね^ ^

この作品に評価をすると4.5/5.0といったところです。

本当は5.0/5.0でもいいかな?と思ったのですが、違和感を感じてしまう部分があったので、この評価です。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ