なんちゃって家族/豪華キャストが偽りの家族を熱演!?

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「なんちゃって家族」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

なんちゃって家族の予告編

 

なんちゃって家族の作品概要

制作年:2013年

制作国:アメリカ

上映時間:109分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス) , Amazonプライムビデオ…etc.

原題:WE’RE THE MILLERS

監督:ローソン・マーシャル・サーバー

脚本:ボブ・フィッシャー , スティーヴ・フェイバー , ショーン・アンダース , ジョン・モリス

制作:ヴィンセント・ニューマン , タッカー・トゥーリー , ハッピー・ウォルター  クリス・ベンダー

出演キャスト一覧

・ジェニファー・アニストン(ローズ・オライリー)

・ジェイソン・サダイキス(デヴィッド・クラーク)

・エマ・ロバーツ(ケイシー・マシス)

・ウィル・ポールター(ケニー・ロスモア)

・ニック・オファーマン(ドン・フィッツジェラルド)

・キャスリン・ハーン(エディ・フィッツジェラルド)

・モリー・クイン(メリッサ・フィッツジェラルド)

・エド・ヘルムズ(ブラッド・ガードリンガー)

・トメル・シスレー(パブロ・シャコン)

・マシュー・ウィリグ(ワン・アイ)

・ルイス・ガスマン(メキシコ人警官)

・トーマス・レノン(リック・ネイサンソン)

・マーク・L・ヤング(スコティーP)

・ケン・マリーノ(トッド)

・スコット・アドシット(医師)

・ローラ=リー(キンバリー)

 

なんちゃって家族のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「とにかく豪華なキャスト」です。

映画「なんちゃって家族」は2013年に制作された作品で、ヤクの売人として生活する男「デヴィッド」が、自身の犯したヘマの落とし前として、ストリッパー「ローズ」たち協力の元、偽りの家族としてメキシコへ向かい、麻薬を国内へと密輸する姿を描いた「コメディ作品」です。

 

なんちゃって家族のざっくりあらすじ紹介

ちまちまとマリファナを売りさばき、日々の生活を送るしがない男性「デヴィッド」

ある日、街の不良たちに絡まれているホームレスの少女を助けようとした「デヴィッド」は、あろうことか返り討ちに合い、アパートに保管していた「マリファナ」と「売上金」の全てを不良たちに奪われてしまう。

その「マリファナ」と「売上金」は「デヴィッド」のモノではなく、彼のボス「ブラッド」のモノだった。

「マリファナ」と「売上金」が盗まれた知った「ブラッド」は、落とし前としてある仕事を「デヴィッド」に強要する。

仕事内容は、「メキシコ」へと向かい、少量の麻薬を持ち帰ってくるという、いわゆる「密輸」だった。

 

自身のヘマが原因となったこの件を、「デヴィッド」は断ることができなかった。

しかし、普通にこの仕事をこなせるはずがない。

そのため、観光客として偽りの家族を連れ、「メキシコ」に向かうことを決める。

偽りの家族として集められたのは「同じアパートに住む冴えない童貞 ケニー」と「ホームレスの少女 ケイシー」そして「デヴィッドと同じアパートに住む貧乏ストリッパー ローズ」

「デヴィッド」とこの3人は、報酬を約束に「メキシコ」へと向かった。

 

はじめこそはぎこちなく、いつ問題が起きてもおかしくない雰囲気の「デヴィッド」たちだったが、次第に本当の家族のように違和感は消え去った。

そして「メキシコ」にも到着し、「麻薬」を車へと積み込む。

少量とは言えない量ではあったが、なんとか「メキシコ」の国境を越えることにも成功する。

「メキシコ」を越えた「デヴィッド」たちは、「仕事が無事に終わった」と喜んでいたが、そんな彼らの背後には何者かが忍び寄っていた…。

 

なんちゃって家族の感想 とにかく豪華なキャスト

そんな今作「なんちゃって家族」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今作「なんちゃって家族」は、非常に豪華なキャスト制作された作品です。

まず「ローズ」役は「クレイジーパーティー」や「モンスター上司」で知られる「ジェニファー・アニストン」

クレイジーパーティー/イカれたパーティ開催

2018.06.03

モンスター上司/立ち上がれ、世界中の部下よ!

2018.02.06

「デヴィッド」役も「モンスター上司」と「Netflixオリジナル」で配信された「さようなら、コダクローム」に出演していた「ジェイソン・サダイキス」

『Netflixオリジナル』さようなら、コダクローム/嫌いな父が残したもの…

2018.04.22

「ケイシー」役は「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」や「なんだかおかしな物語」に出演していた「エマ・ロバーツ」

なんだかおかしな物語/生きる希望はすぐそこに

2018.09.10

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム/過激化し続けるゲーム

2018.07.01

最後に「ケニー」役は「メイズランナーシリーズ」の「ギャリー」役で知られる「ウィル・ポールター

スポンサーリンク

 

と、とにかく豪華な顔ぶれが、偽りの家族として共演している作品です^^

主要人物ではありませんが、「メキシコ」から国内へと帰る道中に出会う「フィッツジェラルドファミリー」の母「エディ」を演じていたのは「キャスリン・ハーン」でしたね!

彼女も私が大好きな女優でして、「Netflixオリジナル」として配信されているコメディ作品「バッドママ 」に出演している女優です。

『Netflixオリジナル』バッドママ/私たちはみんな悪いママ!!

2017.10.31

ただ、今作での「キャスリン・ハーン」の吹き替えを担当している方が、私の知っているいつもの方と違ったのは残念でしたね…。

あと、「キャスリン・ハーン」の良さも活かしきれていないように感じたのは、非常に残念だと思います。

 

そんな豪華な顔ぶれで制作された今作「なんちゃって家族」ですが、全員が全力でコメディをやってますw

「ウィル・ポールター」が「ち◯ち◯」を丸出ししたりしています(もちろん偽物ですがw)。

そんな今作「なんちゃって家族」には、言うまでもないかもしれませんが「下ネタ」が多いですw

なので「下ネタが苦手」という方は、視聴をしっかりとご検討くださいm(._.)m

 

「笑いあり」の「下ネタあり」の今作「なんちゃって家族」ですが、その中でも特に「ジェニファー・アニストン」頑張っていたと思いますw

というのも、「ジェニファー・アニストン」演じる「ローズ」は「ストリッパー」という役柄なのですが、そのため身体を張ったセクシーなシーンもちらほら…。

これは賞賛でしかありません!

ぜひ今後もストリッパーを演じてほしいと切実に思いますねw

 

「下品なコメディが好き」という方であれば間違いなく楽しめる「コメデイ作品」だと私は思いますし、見どころもたくさんあります!

先ほども言った「ジェニファー・アニストン」のセクシーシーンや、「ジェニファー・アニストン」の口からとんでもない下ネタが飛び出たりと。

「フィッツジェラルドファミリー」と「書いた絵が何か当てるクイズ」のシーンは間違いなく見どころですw

 

ただ「ウィル・ポールター」

私は彼だけは許しませんよ!

今作「なんちゃって家族」での彼は、いいとこ取りしすぎ…。

童貞なのはもちろん、「キスすらしたことがない」からと、偽の姉「ケイシー」を演じる「エマ・ロバーツ」とキスするシーンがあり、なんと偽の母「ローズ」を演じる「ジェニファー・アニストン」ともキス。

次第には交互にするなんて、

ライ
この童貞野郎めぇー!
ライ
切実に羨ましい…。

テンション爆下げでした。

というのは冗談ですが、

ライ
ほんと、いい役をもらってるなw

とは思いましたねw

 

なんちゃって家族の結末は?

今作「なんちゃって家族」の結末ですが、こういった海外ドタバタコメディではありがちなハッピーエンドでしたね!

「メキシコ」から帰る道中出会った「フィッツジェラルドファミリー」の父であり、以前「麻薬取締部隊」に所属していた「ドン」に、「デヴィッド」たちは麻薬密輸犯だとバレたにもかかわらず、「ドン」は「デヴィッド」たちが悪人だとは思わないため黒幕の「パブロ一味」だけを逮捕。

「ドン」によって逃がされた「デヴィッド」は、密輸の依頼人「ブラッド」へと荷物を届けるも、「ブラッド」は予定していた日にちに間に合わなかったため「報酬は支払わない」と。

そんな2人がやりとりしている場に、「ダン」率いる「麻薬取締部隊」が突入し、「ブラッド」も逮捕。

そして「ダン」に協力した「デヴィッド」は承認保護プログラムの元、郊外で「ローズ」「ケイシー」「ケニー」と暮らしましたとさ…。

 

血の繋がりはない家族でありながらも、共に生活を始めた姿にはほっこりですね♪

庭にマリファナを育てていたのも、

ライ
根本は変わらないんだなw

と笑わせてもらいましたw

 

あっ!それと、エンドロール時に「メイキング映像」が収録されていたので、見逃さないよう注意してくださいね!

 

まとめ&評価

これで「なんちゃって家族」のレビューは終了です。

期待どおりの良作コメディですね!

ここまで記事を見ていただいて興味があれば、ぜひご視聴ください^^

豪華なキャスト全員が活かされている良作コメディだと思います。

 

ただ、何度も言いますが、「下ネタ」が多めなので、苦手な方はご注意を!

 

なんちゃって家族の評価は?

最後に、今作「なんちゃって家族」に評価をすると4.5/5.0です。

「ハングオーバーシリーズ」や「バッドママシリーズ」に次ぐ、良作コメディでした^^

海外コメディはやはりこうでなくっちゃね!

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ