『Netflixオリジナル』理想の男になる方法/愛する女性を射止める方法!?

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「理想の男になる方法」です。

 

理想の男になる方法の予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「理想の男になる方法」は2018年に制作された作品で、愛する女性が自分ではない別の男性と結婚する事が決まり、事実を受け入れられない男性が不思議なフォトブースを使って自分と結婚するように何度も人生をやり直す姿を描いた「コメディ作品」です。

また今作は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:97分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:When We First Met

監督:アリ・サンデル

脚本:?

制作:?

出演キャスト:アレクサンドラ・ダダリオ , ロビー・アメル , アダム・ディヴァイン , シェリー・ヘニッヒ , キング・バック , ヌーリン・デウル , クリス・ウィル , ディーン・ウェスト

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

理想の男になる方法のあらすじ

不思議なフォトブースを使って過去に戻り、エイヴリーと出会った夜を何度もやり直すノア。目的はただ一つ。別の男に取られる前に、彼女の心をつかむこと!

Netflix(ネットフリックス)公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80117531

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「普通に面白い」です。

この作品「理想の男になる方法」はこの記事の初めでもお話したように、2018年に制作された作品で、愛する女性が自分ではない別の男性と結婚する事が決まり、事実を受け入れられない男性が不思議なフォトブースを使って自分と結婚するように何度も人生をやり直す姿を描いた「コメディ作品」です。

また今作は「Netflixオリジナル作品」です。

 

では早速、今作「理想の男になる方法」の内容について簡単に説明すると、

 

2017年 11月

この日は「エイブリー」の結婚式だった。

3年前の2014年10月31日

ハロウィン祭りという事もあり、仮装パーティに参加した「ノア」と「エイブリー」

パーティで意気投合した2人はパーティを抜け出し、「ノア」が働くジャズの流れるバーへと向かった。

「ノア」はピアノが得意で、「エイブリー」にピアノを披露する。

「エイブリー」の提案で、店内にあったフォトブースで写真撮影した2人。

その夜、「エイブリー」の自宅に招かれた「ノア」

一緒にゲームをしたり、シリアルを食べたりと楽しいひと時を過ごし、互いの事を知り合った。

 

それから3年の月日が流れ、今日は「エイブリー」の結婚式。

実は「エイブリー」の結婚相手は「ノア」ではなかった。

パーティに参加していたが、現実を受け止められない「ノア」は酔いつぶれてしまい、「エイブリー」と「イーサン」に介抱される始末…。

酔いつぶれた「ノア」は、共通の友人「キャリー」に車で自宅へと送ってもらう事になる。

車内では「エイブリー」への未練をダラダラと「キャリー」に打ち明けた。

酔いつぶれた「ノア」は自宅には帰らず、半ば強引に「キャリー」を連れて思い出のジャズバーへと向かった。

ジャズバーにいた友人の「マックス」も一緒に3人で「エイブリー」の話をする。

先に「キャリー」はバーを去り、残された「ノア」はタクシーがくるまでの間、例のフォトブースの中で待つように言われた。

思い出のフォトブース内で、1人「エイブリー」との思い出にふけ、撮影機にお金を入れると、なぜか「エイブリー」と出会った2014年の10月31日に戻っていた。

現実を受け入れられない「ノア」は、友人「マックス」の働いている会社へと向かうと、2017年では副社長だった「マックス」が「助手」をやっていると知り、現実を受け入れずにはならない事に気がついてしまう。

過去に戻った「ノア」は、今度こそ「エイブリー」の心を射止めるため気合いを入れるも、なかなか上手く事は運ばなかった。

なんども失敗してはフォトブースへと向かい、やり直しをする「ノア」

何度も繰り返し、「エイブリー」の求める男性へと近づいて行く。

果たして「ノア」は「エイブリー」の心を射止める事ができるのか?

 

みたいな感じの作品でした^ ^

 

理想の男になる方法 感想 女性にウケるコメディ?

そんな今作「理想の男になる方法」ですが、

タイムリープを繰り返し、自身の納得する結末にたどり着くよう努力する姿を面白おかしく描いた「コメディ作品」です。

以前このブログ内でもレビューした「ネイキッド」という「Netflixオリジナル作品」があるのですが、

スポンサーリンク

その作品と似たような雰囲気の作品です^ ^

ちなみに「ネイキッド」のリンクを貼っておくので、気になる方はぜひどうぞ♪

ネイキッド:https://raidream.com/naked-179

 

そして「コメディ作品」と謳っている今作「理想の男になる方法」は、

「笑える作品なのか?」

これに関しては個人的には「うーん」です^^;

笑えないとは言いませんが、上品なタイプの笑いがある作品です。

個人的には下品なタイプの笑いが好きなので、少々物足りない部分はありましたが、大人から子供まで楽しく見れる作品だとは思います^ ^

特に女性の方にはウケる作品では?と思うタイプのコメディ作品でした。

 

笑いだけで言うと個人的には物足りない作品ではありましたが、

終始明るい雰囲気と度々流れる明るい曲調の音楽のおかげで、終始楽しい気分で見る事ができる作品だとは思います♪

これは個人的には高評価なポイントですし、今作「理想の男になる方法」での一推しポイントだと思います^ ^

 

理想の男になる方法 結末

そして今作「理想の男になる方法」の結末についてですが、

「エイブリー」が求める理想の男性になった「ノア」でしたが、

成功を収めた「ノア」の裏で、本来「エイブリー」と結婚するはずだった「イーサン」の人生は荒んだものになっていました。

「エイブリー」の「ノア」に対する想いも、愛ではなく失敗を恐れる「エイブリー」が取った自分なりの最善策だったと知ってしまいます。

「ノア」は間違った現実を正すべく、またしてもフォトブースを使って過去に戻ります。

過去に戻った「ノア」は、「エイブリー」と「イーサン」の間を取り持ちます。

そんな傍で、「ノア」は共通の友人「キャリー」と仲が深まり、自分の運命の相手は「キャリー」だったと気づきます。

4人で仲良く写真撮影を行い、2017年に戻った「ノア」は、すぐさま「キャリー」の元へと駆けつけるも「キャリー」には彼氏がいました。

「イーサン」と「エイブリー」の出会いを1日早めてしまったが故に、色々とずれてしまったのです。

この現実をやり直すためにフォトブースに向かうも、ジャズバーからフォトブースは消えていました。

過去に戻れなくなったと1人でやけ酒を飲む「ノア」の前に、「エイブリー」と「イーサン」が現れます。

無くなったフォトブースの場所を「エイブリー」から聞いた「ノア」は、すぐさまフォトブースのある場所へと向かい、再び過去に戻ります。

「ノア」が戻ったのは「エイブリー」と「イーサン」の結婚式当日。

久しぶりに「キャリー」と会ったこの時に戻り、「キャリー」へアプローチを行います。

そして意気投合した2人は末長く幸せに暮らしましたとさ…。

 

みたいな結末でした^ ^

 

まさかの結末で正直驚きを隠せませんでした。笑

でもこの感じ…「嫌いじゃない。笑」

そんな自分がいました^ ^

全く予想していなかった展開でしたし、運命の相手は自分の思いも知らぬすぐ近くにあったなんて素敵な展開ですよね♪

しかもエンドロール時に流れる「ノア」と「キャリー」が楽しそうにしている姿を写した写真は、本当に付き合っているかと思わされる展開で、なんだかほっこりした気分になるラストでした!!

 

まとめ

これで「理想の男になる方法」のレビューは終了です。

「コメディ作品」としては正直物足りない作品でしたが、コメディという部分を無視すれば非常に良くできた作品だと思います^ ^

絶賛するほどの作品ではありませんが、十分に楽しめる作品でしょう♪

 

この作品「理想の男になる方法」をおすすめするとすれば、

「心温まる系の作品が見たい方」

「上品なコメディ作品が見たい方」

にはおすすめの作品です^ ^

先ほども言ったように、大人から子供まで楽しめる作品ですし、

特に女性の方にはおすすめの作品です♪

 

逆に今作「理想の男になる方法」をおすすめできないのは、

「下品な笑えるコメディ作品を求めている方」

にはおすすめできない作品ですね^^;

男性の方が見ても楽しめるかと言われると正直難しいかな?と思ってしまう作品です。笑

 

この作品「理想の男になる方法」に評価をすると、3.0/5.0といったところです。

 

ちなみに今作「理想の男になる方法」は「Netflixオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなのでは取り扱っておりません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ