ウェディング・バトル アウトな男たち/実は似た者同士!?

foxjapan.comより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ウェディング・バトル  アウトな男たち」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ウェディング・バトル アウトな男たちの予告編

 

ウェディング・バトル アウトな男たちの作品概要

制作年:2016年

制作国:アメリカ

上映時間:111分

配信サイト:

原題:Why Him?

監督:ジョン・ハンバーグ

脚本:ジョン・ハンバーグ

制作:

出演キャスト:ゾーイ・ドゥイッチ , ジェームズ・フランコ , タンジー・アンブローズ , セドリック・ジ・エンターテイナー , ボブ・スティーヴンソン , ブライアン・クランストン , メーガン・ムラーリー , ザック・パールマン , グリフィン・グラック , ジェー・ヤング・ハン , メアリー・バット・グリーソン

 

ウェディング・バトル アウトな男たちのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「迷ったときの1本に」です。

映画「ウェディング・バトル  アウトな男たち」は2016年に制作された作品で、「スパイダーマンシリーズ」の「ジェームズ・フランコ」と「ブレイキング・バッド」の「ブライアン・クランストン」共演にて、愛する娘の彼氏が少し変わった人物で、困惑する家族の姿を描いた「コメディ作品」です。

 

ウェディング・バトル アウトな男たちのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

結婚記念日を祝うパーティを会社の部下たちも集めて行う「フレミング一家」

愛する娘「ステファニー」のみが家から離れた場所に住んでいるため、電話で両親の幸せを祝った。

しかし、両親を祝う「ステファニー」の背後に何やら男の影が。

「ステファニー」に彼氏がいることを知らなかった両親は多少パニックになるも、後日、彼氏の紹介もかねて「ステファニー」が住む街へと家族で向かう。

元の予定は「ステファニー」の自宅へ向かい、そこで彼氏「レアード」を紹介される予定だったが、当初の予定とは変わり「レアード」の自宅へと招かれることに。

「レアード」の自宅へと招かれた「フレミング一家」がそこで見たのはとんでもない豪邸だった。

「レアード」は若くしてIT関係の仕事で成功し、優雅な金持ち生活を送っていた。

しかし、性格や行動に難が…。

「レアード」の性格や行動についていけない両親だったが、「レアード」はそのことにすら気が付いておらず。

挙げ句の果てには「ステファニーにプロポーズする」と父「ネッド」に打ち明けた。

「そんなことあってはなるまい」と「レアード」の粗探しをする「ネッド」だったが、そんな変わった「レアード」のことを「ステファニー」が好きになったのは、思いもよらぬ理由だった。

 

ウェディング・バトル アウトな男たちの感想 迷ったときの1本に

そんな今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」ですが、先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」にてレンタルしてきた作品です✨

レンタルが開始されたのが「2018年6月6日」の作品なので、まだ新作扱いの作品ですね!

これからレンタルを考えている方は知っておいてもらえれば良いかもしれません^^

 

今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」ですが、さきほどちらっとお話ししたように、「スパイダーマンシリーズ」の「ジェームズ・フランコ」と、海外ドラマ「ブレイキング・バッド」の「ブライアン・クランストン」そして個人的に印象にある「ゾーイ・ドゥイッチ」が出演していますね♪

「ゾーイ・ドゥイッチ」に関してはまだまだ知名度が高くはないかもしれませんが、「ザック・エフロン」と「ロバート・デ・ニーロ」主演の「ダーティ・グランパ」や、「Netflixオリジナル」の「セットアップ:ウソつきは恋のはじまり」に出演しており、これから間違いなく有名になると私が思っている女優の1人です✨

 

それはさておき肝心の感想ですが、ぶっちゃけ今作は鬼おすすめの作品です👍

「迷ったときの1本に」なんて言い方をすれば、妥協している感がありますが、そういう意味ではありませんのでご了承くださいm(._.)m

いや、ほんと笑えますw

とにかく笑えて、久しぶりに全力でおすすめできるコメディ作品でしたね!

 

ライ
なぜ、あまり話題になっていないのだろう?

 

個人的にはそんな印象を受けた作品ですが、下品な発言が多いからですかね?💦

個人的にはそこまで下品には感じませんでしたが、苦手な方は「あ、無理。」となる恐れがあるので、一応注意しておいてください💦

 

主に下ネタで構成されている今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」ですが、意外にも豪華なキャストが揃っており、実はロックバンド「KISS」のメンバーも出演してますw

ほんと無駄に豪華ですよねw

「イーロン・マスク」氏も出演していましたが、彼は本人なのでしょうか?

個人的には「そっくりさんかな?」という印象だったのですが、もし知っている方がいれば教えてくださいm(._.)m

 

そしてただ笑えるだけではなく、「ジェームズ・フランコ」演じる「レアード」と「ゾーイ・ドゥイッチ」演じる「ステファニー」が、まるでほんとのカップルかのごとく幸せそうな演技をしていたり、関係に深い溝があった「ネッド」と「レアード」の溝がなくなっていく姿があったりと、人と人の絆も描かれているので、ほっこりと幸せな気分を味わえる映画でした✨

スポンサーリンク

 

ウェディング・バトル アウトな男たちのキャストは?

今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」のキャストですが、これまでに「ゾーイ・ドゥイッチ」は紹介しているため、今回は省かせていただきます。

紹介している記事を貼っておくので、興味のある方はぜひそちらまで見にきてくださいね♪

 

ステファニー役 ゾーイ・ドゥイッチ出演

『 Netflixオリジナル』セットアップ:ウソつきは恋のはじまり/恋の行方は?

2018.06.16

 

なので、今回は「ネッド」役を演じている「ブライアン・クランストン」と「レアード」役を演じている「ジェームズ・フランコ」を紹介させていただきます。

 

ネッド役 ブライアン・クランストン

ウィキペディアより引用

1956年3月7日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ハリウッド 生まれ

今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」では「ネッド」を演じています。

これまでに数々の映画やドラマに出演し、数多くの賞を受賞したことのある俳優ということで、知っている方も多いのではないでしょうか?

そんな「ブライアン・クランストン」氏が初めて映画に出演したのは1996年に公開された「すべてをあなたに」という作品ででした^^

もともとは警官を夢に見ていたそうですが、短大在学中に俳優を志望し、舞台に出演したのは俳優への入り口だったようですね!

 

そんな彼を語る上で絶対に外せない話題が「ブレイキング・バッド」

海外ドラマとして非常に有名な今作は、とてつもない量の賞を受賞しています✨

「ブレイキング・バッド」に関しては私もちらっとは見たことがあるのでですが、なにせ海外ドラマは長いので飽きてしまうんですよね。。。

これをきっかけにもう一度見ようかと考え中ですw

「ブライアン・クランストン」の代表作として上がっている映画は、

「ドライヴ」「アルゴ」「トランポ ハリウッドに最も嫌われた男」「犬ヶ島」

これらの作品が上がっていますね!

それ以外にも「ワールド・ウォーZ」や「トータル・リコール」にも出演しているのでぜひチェックしてみてください♪

 

レアード役 ジェームズ・フランコ

ウィキペディアより引用

1978年4月19日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 パロアルト 生まれ

今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」では「レアード」を演じています。

彼のことはもうすでに紹介していると思っていたのですが、実はまだ紹介していなかったんですよね💦

この記事を書く上で何よりそのことに驚いていますw

「ジェームズ・フランコ」氏も数々の作品に出演し、数多くの賞を受賞した経歴がありますね!

個人的なイメージとしては「スパイダーマンシリーズ」の主人公「ピーター・パーカー」の親友「ハリー・オズボーン」なんです♪

個人的に「スパイダーマンシリーズ」は「アメイジング」でも「ホームカミング」でもなく、無印の「スパイダーマン」推しなんですよね👍

 

そんな彼の経歴を遡ると、初めて映画に出演したのは1999年に公開された「25年目のキス」でした。

そして同年に放送が開始されたテレビシリーズ「フリークス学園」で一躍有名に♪

そして2002年に「スパイダーマンシリーズ」の初回作に出演。

それをきっかけに世界的に有名な俳優へとなりました✨

ここでは主に「スパイダーマンシリーズ」へ出演した話ばかりしていますが、そのほかにも紹介仕切れない数の作品に出演していますね!

興味のある方はぜひチェックしてください♪

また、彼の出演している作品で、このブログで感想を述べている記事はこちら✨

アメリカン・クライム/全米を震撼させた実話

2018.06.03

バトルフロント/3度目はない

2018.02.14

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー/悪友トリオここに参上!!

2017.09.22

ウェディング・バトル アウトな男たちの結末は?

今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」の結末についてですが、実は予想外な部分はありました!!

ただ、それだからといって悪い結末にはなっていませんw

どちみちハッピーエンドですね♪

まあみんないい人ばかりで、ほっこりした気分になること間違いなしの結末でしょう👍

スペシャルゲストの「KISS」が最後に登場するので、ファンの方は注目どころですね!

あと、エンドロールでもちょろっと映像が流れるので、こちらも見逃さないでくださいよ♪

 

まとめ&評価

これで「ウェディング・バトル アウトな男たち」のレビューは終了です。

今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」に関してはジャケ借りであり、キャスト借りでもあったため、そこそこ期待していたのが本音ですが、その期待に見事応えてくれる作品でしたね✨

私のツボにはどストライクです!!

ただ、この記事を書きながらいろいろな方の意見を見ていると、やはり下ネタが多く「ネタが寒い」なんて意見もあるので、万人ウケする作品ではないようです💦

私のように下ネタが好き(なんか変態っぽいですねw)であれば、まず楽しめる作品だと思いますw

 

ウェディング・バトル アウトな男たちの評価は?

最後に、今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」に評価をすると4.5/5.0です。

暗い気分の時や、落ち込んだ気分の時には特におすすめする1作ですね!

ここ最近疲れていた私の気分も、今作「ウェディング・バトル アウトな男たち」によって少し元気になった気がする…そんな作品でした^^

「笑い」と「絆」そして「時代の変化(これはおまけ程度ですがw)」それらをうまく組み合わせており、心ほっこり幸せ気分な映画に仕上がっているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA