ファンキーランド /天才ピアニストのドタバタ劇

ファンキーランド /天才ピアニストのドタバタ劇

ファンキーランド  感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

ども、ライです♪

今回は「ファンキーランド 」のレビューです ^ ^

 

*作品情報

・ファンキーランド  予告編はこちら

映画「ファンキーランド 」は2012年に制作された作品で、天才ピアニスト「イーライ」が薬物依存症の母「ペニー」を更生施設に入れ、薬物依存症を克服させようとするも一筋縄ではいかず、思わぬトラブルへと巻き込まれていく姿を描いた「コメディ作品」です。

 

制作年:2012年

制作国:アメリカ

上映時間:85分

配信サイト:アマゾンビデオ , ビデオマーケット

原題:Why Stop Now

監督:フィル・ドーリング , ロン・ナイスワーナー

脚本:フィル・ドーリング , ロン・ナイスワーナー

制作:

出演キャスト:ジェシー・アイゼンバーグ , メリッサ・レオ , トレイシー・モーガン , エマ・レイン・ライル , サラ・ラモス , イザイア・ウィットロック・Jr , ステファニー・マーチ , ポール・カルデロン , ニール・ハフ , ジェイス・バルトーク

スポンサーリンク

・ファンキーランド  映画 あらすじ

プロピアニスト志望のイーライは、薬物依存症の母ペニーと、靴下人形が手放せない問題児の妹ニコールと暮らす大学生。音楽学校のオーディション当日、ペ ニーを28日間のリハビリに連れて行くため更生施設に向かうも、尿検査の結果が陰性で入所を拒否されてしまう。そんな親子に名案が。それは、クスリをやってハイになり陽性反応を出すこと。するとペニーは、イーライをドラッグディーラーのスプリンクルス&ブラックが潜むアジトに向かわせ、クスリの調達に当たらせる。しかしこの行動が引き金となり、イーライは予期せぬトラブルの連続に見舞われてしまい…。

フィルマークス:https://filmarks.com/movies/63407

 

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「まあ普通」です。

映画「ファンキーランド 」は記事の始めでもお話ししたように、2012年に制作された作品で、天才ピアニスト「イーライ」が薬物依存症の母「ペニー」を更生施設に入れ、薬物依存症を克服させようとするも一筋縄ではいかず、思わぬトラブルへと巻き込まれていく姿を描いた「コメディ作品」です。

 

・ファンキーランド  内容

では始めに、今作「ファンキーランド 」の内容をざっくりと紹介すると、

 

天才ピアニスト「イーライ」

彼のピアノの才能は誰もが認めるものだった。

しかし、そんな彼には悩みのタネがいくつもある。

その中でも1番の悩みは実の母「ぺニー」が「薬物依存症」だということだ。

「イーライ」は「薬物依存症」の母「ペニー」を、ついに更生施設へと入居させることを決意した。

そして入居日当日。

車で母と施設へと向かった「イーライ」

母「ペニー」が入居するために必要な手続きを待つ間、施設の前で待っていた。

すると荷物を抱えて施設から出てきた母。

理由を尋ねると、尿検査で陰性だったため、入居を断られたとのこと。

実は母「ペニー」は施設への入居に向け、数日間薬を絶っていたのだ。

それゆえに陽性反応が出ず…。

しかし次の瞬間、母の口から衝撃の言葉を聞かされる。

それは医者から「施設に入りたければ、薬をやってハイになった状態でくれば入居できる」と言われたとのことだった。

まさかの展開に戸惑う「イーライ」だったが、自分の人生と母の人生のためにも施設に入って更生してもらわなければ困る。

2人は医者から聞いた通りハイになるため、いつも母がドラッグを購入している売人の元へと向かった。

母は売人にツケがあり、購入することができないため、代わりに「イーライ」が売人の自宅を訪れた。

売人にドラッグを売って欲しいと申し出た「イーライ」だったが、売人は電話に夢中で話を聞いていない。

売人の様子を見ていると、電話の相手はどこか異国の人物で、会話になっていない様子。

見かねた「イーライ」は電話を代わり、電話の相手と会話し、売人たちに通訳した。

そしてここにきた本来の目的である「コカイン」を売って欲しいと売人に申し出るも、今は品切れだと聞かされる。

しかし、今から電話の相手と取引があり、それが済めばドラッグが手に入ると聞かされた「イーライ」

「イーライ」は「コカイン」を手に入れるため、通訳として売人たちについていくことにした。

だが、この取引に巻き込まれたことによって、「イーライ」の予定は大いに狂い始める。

果たして「イーライ」は「コカイン」を入手し、母「ペニー」を更生施設へと入居させることができるのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

・ファンキーランド  感想 個人的には嫌いじゃないけど…

そんな今作「ファンキーランド 」ですが、

本日、映画配信サイト「amazonビデオ」にて視聴した「ジェシー・アイゼンバーグ」氏主演の「コメディ作品」です^ ^

ジャケ画像より漂う面白そうな匂いに釣られて視聴した作品ですが、

正直言って、期待していたよりはがっかりな作品でしたね💦

個人的に「ジェシー・アイゼンバーグ」氏は好きな俳優さんで、

そんな「ジェシー・アイゼンバーグ」氏が出演する作品で、ジャケ画像に釣られて見ましたが、

思ってたより…ってなってしまいました。笑

 

それにしても「ジェシー・アイゼンバーグ」氏の出演する作品は、

タイトルが「〜ランド」の作品が多いですね!

「ゾンビランド」「アドベンチャーランドへようこそ」などなど…。

とは言っても思いついたのはこの2作だけでしたが、

「ジェシー・アイゼンバーグ」氏だから「ランドをつけとけば…」みたいな感じがして、

この感じはどうもいけ好かないというのが本音ですね!笑

 

まあそれは置いといて、

「ファンキーランド 」の感想ですが、

終盤までは「ドタバタコメディ」

終盤からは「ドラマ的展開」

ざっくり言ってしまうとこんな感じ作品です^ ^

一応、今作「ファンキーランド 」は「コメディ作品」とのことですが、

正直言って「コメディ感」はそんなに強くないです💦

笑えないというわけではないのですが、笑える部分は少ないかな?という感じでした。

個人的にこれは残念でしたね💦

それこそジャケ画像から感じた「コメディ感」に答えてくれず、私が素直に高評価をつけれない1番の理由がこれです。

 

終盤からの「ドラマ的展開」

これは正直、予想外なジャンル変更でしたが、まあ嫌いではないです👍

口の悪い問題児な妹や、薬物中毒な母、そんな家族の中で生活する「イーライ」となんだかんだ言っても「家族だもの」的な展開✨

そして「イーライ」の恋愛事情、「イーライ」の夢だった音楽学校への進学。

こうやってみると、「コメディ作品」というよりも、「ヒューマンドラマ作品」っぽい感じがしますね。笑

 

なんていうか「邦題が悪い」のと「内容が薄い…。」

特に内容自体は悪くないにもかかわらず、なぜか薄くなってしまっている感じが非常にもったいないと感じました💦

スポンサーリンク

・ファンキーランド  映画  キャストは?

次にお話するのは、映画「ファンキーランド 」に出演しているキャストの方たちについてです。

 

まず1人目は「ジェシー・アイゼンバーグ」氏です^ ^

映画.comより引用

1983年10月5日 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク生まれ

今作「ファンキーランド 」では「イーライ」を演じています。

今までにも彼が出演している作品を、このブログ内でたくさん紹介してきましたが、

彼自身の情報を紹介したことがなかったと思うので、今回は「ジェシー・アイゼンバーグ」氏自身の情報も紹介しておきます👍

 

1999年に放送されていたテレビシリーズ「ゲット・リアル」で俳優としてデビューを果たした「ジェシー・アイゼンバーグ」氏。

テレビ映画やインディーズ映画でキャリアを積み重ねていき、「キャンベル・スコット」氏と共演した青春コメディ映画「Roger Dodger」で「サンディエゴ映画祭」の「新人賞」を受賞しました。

それをきっかけに数多くの映画へと出演し、2010年に公開された「ソーシャル・ネットワーク」では「第83回アカデミー賞・主演男優賞」を受賞した経歴もお持ちの方です^ ^

 

そんな「ジェシー・アイゼンバーグ」氏の出演する有名な作品は、このブログ内で紹介しており、そのほかの有名ではない作品の紹介もしているので興味のある方はぜひ♪

ゾンビランド/黄色いふわふわのトゥインキーはどこだー!?

ソーシャル・ネットワーク/史上最年少の億万長者

グランド・イリュージョン/NOW YOU SEE ME

グランド・イリュージョン 見破られたトリック/アイは常に諸君を見ている

ジャスティス・リーグ/彼が帰ってきた

ピザボーイ 史上最凶のご注文/ただのピザボーイが銀行強盗!?

エージェント・ウルトラ/目覚めた凡人

アドベンチャーランドへようこそ/一夏の思い出

 

・ファンキーランド  映画 結末は?

最後に今作「ファンキーランド 」の結末ですが、

まあ「予想通りな結末にプラス感動要素あり」みたいな結末ですね!

「人間どこかで道を誤ってしまうと、もう簡単には戻れない」

そんな風に聞かされた気分になる結末でもありました。

詳しくお話しするわけにはいかないので、気になる方はぜひご自身の目でご確認ください✨

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ファンキーランド 」のレビューは終了です。

期待していたよりは…な作品ではありましたが、

時間的にもサクッと見れて、それなりに楽しめる作品ではあるので、興味があれば見ても損はしない作品だと思いますよ👍

ただ、「ジェシーアイゼンバーグ」氏の良さは出ていない作品だと思います。笑

キャストの無駄遣いと言われても仕方ないでしょう💦

 

・ファンキーランド  映画 評価は?

最後に映画「ファンキーランド 」に評価すると3.0/5.0です。

まあ普通ですね!笑

興味のある方はぜひご視聴ください^ ^

 

では今回はこの辺で♪