イエスマン/ノーという返事は許さない!!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「イエスマン」です。

 

イエスマンの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「イエスマン」は、「マスク」という映画で大ブレイクし、知らない人はいないほどの有名海外スター「ジム・キャリー」が主演を務める「コメディ作品」です。

 

製作年:2008年

製作国:アメリカ

監督:ペイトン・リード

脚本:ニコラス・ストーラー , ジャレット・ポール , アンドリュー・モーゲル

製作:リチャード・D・ザナック , デビット・ハイマン , ダニー・ウォレス

出演キャスト:ジム・キャリー(カール・アレン) , ズーイ・デシャネル(アリソン) , ブラッドリー・クーパー(ピーター) , リス・ダービー(ノーム) , ジョン・マイケル・ヒギンズ(ニック) , ダニー・マスターソン(ルーニー) , テレンス・スタンプ(テレンス・バンドリー)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

イエスマンのあらすじ

「ノー」が口癖の人生に後ろ向きな男カールは、生き方を変えるために参加したセミナーで、「どんな事に対しても『イエス』と答えることが、意味のある人生を送るための唯一のルール」と教えられる。それから「イエス」を連発するようになったカールの運気は上がっていくのだが……。「マスク」「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリーが主演するコメディドラマ。共演に「ハプニング」のズーイー・デシャネル。監督は「チアーズ!」のペイトン・リード。

映画.com:http://eiga.com/movie/53530/

 

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず、今作について一言で言うと「人生に悩んでいるなら見るべし!!」です。

 

イエスマン 感想 チャンスを逃さないため

今作の主人公の「カール」は、基本的に何に関しても理由をつけて「ノー」と返事する内気な男性…。

彼は結婚していたが、その妻と離婚した事をきっかけに「自分に自信が持てない」状態になってしまい、人との付き合いに距離を取るようになってしまっていました^^;

実はこの点について、私にも思い当たる節があります…。笑

私も最近はまだマシになったものの、以前までは「カール」に近い状態で日々生活していました。

ですが、最近の私は以前よりは断然「イエスマン」になっていると思います^ ^

私は、たまたま友人に恵まれていました。

少しプライベートな話になるのですが、私の友人の1人に、この作品に登場するセミナーに行ってからの「カール」と同じような「イエスマン」の友人がいます。

スポンサーリンク

友人は誘われれば基本的に断らず、「とりあえず参加してから考える」というような考え方の友人です。

その友人とは子供の頃からの付き合いがあったのですが、お互い忙しく、一時期ほとんど会えないような状態となっていました。

そんな彼と久々に会う機会があり、その際、私の人付き合いの仕方について指摘され、それをきっかけに私自身変わる事ができました。

世の中には、以前の私…そして今作の「カール」のように、自分からチャンスを逃している方がたくさんいると思います。

それを自ら望んでいるのであればそれでも良いと私は思いますが、もし少しでもそんな自分に違和感を感じているのであれば、この作品はかなりオススメです。

もちろん、なんでもかんでも「イエス」で答えろと言っているのではありません。

ただ昨日の自分より「イエス」と答える回数を増やすことによって、明日の自分を変えることができると私は思います^ ^

そして、今作のヒロインである「アリソン」は、「自分のやりたいことで人生を埋め尽くすようにいきている」のですが、これってかなり難しいことではありますよね?

家族がいればそんなこと言って入られませんしね^^;

ですが、少なくともそういう生き方をしている人がおり、いろんな生き方があるのだとこの作品からは学べると思いますし、この記事を見ているあなたがもしも「現場の自分」に満足していないのであれば、そんなあなたにもぜひ見てもらいたいと思います^ ^

日本にも「セミナー」はたくさんあり、全てが全て良いものだとは私は思いません。

ですが、そのうちの1%でも自分にとってプラスになる可能性があるのだとしたら、そういったものに参加をするのもありかもしれませんよ♪

 

次に今作の主人公の「ジム・キャリー」さんについてですが、この人の表情は本当に独特ですね!!

私が小さい頃は「マスク」を何回も見たことがあり、あの頃からあまり変わっておらず、もはや「顔芸」と呼んでも良いのでは?と思うほど、種類豊かな表情を兼ね備えており、今作でもそれは健在でした^ ^

 

そして最後に、今作の一番のお気に入りシーンについてですが、それは「カール」の上司である「ノーム」が定期的にパーティーを開催しているのですが、ある日「ハリーポッター」のキャラに仮装したパーティーが行われ、「カール」と「アリソン」が参加します。

その際の「ノーム」の開催するパーティーに集まった参加者のコスプレクオリティーの低さは思わず笑えました。笑

 

いや、本当にひどいです。笑

もはやバカにしてるのではないか?と…。笑

ハリーポッターファンが見れば怒るレベル。笑

ぜひともあのシーンは見てもらいたいです!!笑

 

まとめ

これで「イエスマン」のレビューは終了です。

正直期待以上の作品でした!!

まさかこんな良作を今まで自分が見ていなかったことが悔やまれます^^;

感想の部分でお話ししたことで、自分に心当たりがあるあなたはぜひ今作を見てください。

心に響かないかもしれませんが、1つの作品として面白いので、見ていて損はないと思いますよ^ ^

この作品に評価をすると4.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ