君の名は。/すきだ

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「君の名は。」です。

 

君の名は。の予告編はこちら

スポンサーリンク

この作品は昨年8月に公開され、今作の監督は「新海誠監督」ということもあり、公開から五週間ほどで、興行収入111億円を突破し、知らない人はいないであろうほど、昨年公開から1年経った今でも話題となっている作品です。

製作年:2016年

製作国:日本

監督:新海誠

脚本:新海誠

製作:市川南 , 川口典孝 , 大田圭二

登場人物:立花瀧(神木隆之介) , 宮水三葉(上白石萌音) , 奥寺ミキ(長澤まさみ) , 一葉(市原悦子) , 克彦(成田凌) , 名取早耶香(悠木碧) , 藤井司(島崎信長) , 高木真太(石川界人) , 宮水四葉(谷花音) , 宮水トシキ(てらそままさき) , 宮水二葉(大原さやか) , 瀧の父(井上和彦) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

君の名は。のあらすじ

寝ぼけて目を覚ました少年、彼の名は「立花瀧」

目を覚ました彼をすぐさま自分の体に違和感を感じた。

そしてその違和感の方へ目をやるとなぜかあるはずのない膨らみが…。

「瀧」はなぜか目を覚ますと女の子になっていた。

 

岐阜県の山奥にある糸守町で暮らす少女、その少女の名は「宮水三葉」

「三葉」は古くから糸守町にある神社「宮水神社」の巫女をやっている高校生の女の子

「三葉」は朝目を覚ますと見覚えのない部屋にいた。

何がなんだかわからず放心状態の「三葉」だったが、鏡を見て衝撃を受けた。

その鏡には「見覚えのない少年」が映っていたのだ。

 

2人とも最初は「夢」だと思い、「三葉」は憧れていた東京生活を満喫し、「瀧」も「三葉」の身体を借りて巫女と女子高生としての生活を送っていた。

この状態が週に2、3回起こり、だんだんとこの状況をうまく活用し始めた2人だったが、この状況が起こった次の日、自分が前日にした事の記憶がなく、それは困るという事で2人は自分がした事を携帯のメモに残す事にした。

スポンサーリンク

そんな生活をしていると、ある日を境にこの現象が起こらなくなってしまう。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

君の名は。の感想(ネタバレ注意!!)

まずこの作品について一言で言うと「面白い」です。

実は私は今作を見るのは2回目です。

1回目は公開数日後に映画館へ足を運び、見てきました。

それから1年が経ち、改めて見ましたがやっぱり今作は「面白い」の一言に限ります。

「新海誠監督」の作品は他にも見ましたが、個人的には今作が一番気に入っています^ ^

まず今作のキーワードとなる「入れ替わり現象」は発想自体面白い!!

そんな形で出会った2人がお互い惹かれあっていく姿は見ていてほっこり♪

 

ですが、そんな2人の間には問題が…。

実は「三葉」は死んでいた…。

初めてこのシーンを見た際はまるで自分が当事者かのごとく悲しかったのを覚えています。

「こんなに救われない話があっていいのか?」と「新海監督」に問いかけたいほど凹みましたが、それでもどうにかしたいと足掻く「瀧」の姿は心が打たれます。

そして足掻いた結果、2人は一瞬だけ会うことができたのですが、このシーンは今作で私は一番好きなシーンです。

すぐに姿が見えなくなると分かっていた「瀧」が、お互いの名前を忘れないように手に名前を書いておこうと言って「三葉」の手の平に文字を書いたのですが、そこには「すきだ」と書いていました。

「今時の高校生はやりよるなー」なんて事を思いながらも、心に「グッ」とくるこのシーンが私は大好きです♪

それとこの作品内で流れる挿入歌も素晴らしいです!!

「君の名は。」の世界観と非常にマッチしていて、私は挿入歌に「RADWIMPS」を起用したのもこの作品がこれだけ人気となった理由だと思っています。

今から13年前(私が中学1年)に私の周りで流行ったRADWIMPSから、こんな形で改めて感動をもらえる今作は文句なしです!!

 

まとめ

これで「君の名は。」のレビューは終了です。

正直、私の中で今作に勝てる「アニメーション作品」は今後出会えないと思わせてもらえるほど今作は気に入っています。

内容や音楽も素晴らしく、登場するキャラにまで申し分がありません。

この作品が終わる頃には私自身も「三葉」に恋をする寸前でした。笑

また今作はわかりにくいところで「裏設定」のような部分もたくさんあり、一度見終わってからもう一度見るといかに作り込まれているかがわかるかと思います。

この作品に評価をすると5.0/5.0といったところです。

申し分のない今作は何度見ても楽しめる作品で、見ないと言うのは正直損をしていると言っても過言ではないと私は思っています。

ぜひ見たことのない方は見てくださいね^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ