『Netflixオリジナル』ホンモノの気持ち/あなたの命が作られたものだったら?

Netflixより引用

ども、ライです♪

今回は「ホンモノの気持ち」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ホンモノの気持ちの予告編

 

ホンモノの気持ちの作品概要

制作年:2018年

制作国:

上映時間:104分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題: Zoe

監督:ドレイク・ドレマス

脚本:リチャード・グリーンバーグ

制作:

出演キャスト:ユアン・マクレガー , レア・セドゥ , テオ・ジェームズ , ミランダ・オットー , ラシダ・ジョーンズ , クリスティーナ・アギレラ

 

ホンモノの気持ちのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「考えさせられる作品」です。

映画「ホンモノの気持ち」は2018年に制作された作品で、アンドロイドが人と変わりなく生活する世の中で、自分がアンドロイドだと気づかず生活し、自分を作りあげた男性「コール」に恋をするも、ある時、自分がアンドロイドであることを知り、これまでと全てが変わってしまう姿を描いた「ラブロマンス作品」です。

また今作「ホンモノの気持ち」は「Netflixオリジナル映画」です。

 

ホンモノの気持ちのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「ホンモノの気持ち」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

人と人の関係を円滑に進めるために「関係継続成功率」を希望者に提示するシステムを開発し、より人に近いアンドロイドを作ることに精を出している会社に勤める女性「ゾーイ」

そんな彼女には密かに想いを寄せる会社の同僚「コール」がいた。

2人は日々、より人に近く、自分で判断することが可能で、人間社会に溶け込めるアンドロイドの制作を行い、彼らの制作したアンドロイドは他社の制作したアンドロイドと比べてずば抜けた性能を持つものを作ることに成功していた。

 

ある時。

自社の提供しているサービス「関係継続成功率」で、自身が想いを寄せる「コール」と自分の「関係継続成功率」を測ってしまう。

すると「ゾーイ」の前に表示されたのは「0%」と、システム上絶対にありえない数値だった。

「ゾーイ」はそのことを「コール」に打ち明けると、とんでもない事実を聞かされてしまう。

それは自分が「アンドロイドだということ」だった。

「アンドロイド」と「人間」なため、「関係継続成功率」は「0%」という数字が表示されたのだと知らされる。

これまで人間として生活してきて、過去の記憶もしっかりとある「ゾーイ」は戸惑いを隠せなかったが、それらはすべて「コール」がプログラミングしたものだった。

 

しかし、それでも「ゾーイ」の「コール」に対する想いが収まることはなかった。

そんな「ゾーイ」の気持ちに応えるよう、「コール」自身も「ゾーイ」を愛するようになり始める。

 

だが、ある時。

「ゾーイ」の身に起きた不慮の事故をきっかけに、2人の間に深い溝ができてしまう…。

 

ホンモノの気持ちの感想 考えせられる作品

そんな今作「ホンモノの気持ち」ですが、昨日「2018年7月20日」より、動画配信サイト「Netflix」で配信がスタートされた「Netflixオリジナル作品」です✨

前情報はこれといってなく、「今週はネトフリオリジナルの配信はなしかぁ…」なんて思っていたのですが、こっそりと配信がスタートされていたようなので、急いで視聴してきましたw

今作「ホンモノの気持ち」は「ラブロマンス作品」なのですが、普通のラブロマンスと違うのが、「人」対「人」ではなく、「人」対「アンドロイド」なんですよね!

「アンドロイド」といっても「スマホ」ではなく、まあ近いものだと最近、ショッピングモールなどに行くと必ずいる「ペッパー君」的なものですw

「ペッパー君」と人間が恋愛するのはさすがに無理がありますが、より人間に近い、言われても「嘘でしょ?」と思わざるを得ないほどに進化したアンドロイドと人間が恋に落ちる作品でした^^

いかにも科学が発展した今らしい設定ですよね!

 

正直言って、普段は恋愛映画を見ない私にとって、退屈ではないと言い切れない部分はあります💦

ですが設定が新しいというのと、今後実際にあり得るのでは?と思わせれたからこそ最後まで視聴することができた作品でしたね!

 

人間が想像する範囲の出来事は、必ず実現できるという説がありますが、今作のように「アンドロイド」と「人間」が恋愛して結婚するような未来も近々ほんとにあるかもしれません✨

人と人ではなく、人と人と変わらないレベルで感情や判断することのできるアンドロイドがカップルなんて非常に面白いと私は思いますね👍

今の時代、個々のこだわりや選択の増加によって未婚率が上がり、それゆえに少子化という事態も招いていますよね?

そうなってくると、今後、孤独死という辛い現実が待ち構えているのも事実です💦

結婚願望のない私にとっては、待った無し状態ですw

そんな事態を防ぐための1つの策としてこういったのもアリではないかと思いました^^

スポンサーリンク

 

ただ、これは前半までの感想でして、いくら人と変わらないアンドロイドとは言っても、やはり人ではないんですよね💦

今作は良い面だけではなく、そういった現実もちゃんと描かれています。

その現実に「コール」が立ち向かうも、やはり引っかかってしまう…。

こんな場面を見ると、前半の感想は「そんな簡単なものじゃないんやなぁ」と思わざるを得ませんでした💦

 

正直なところ、今作「ホンモノの気持ち」は誰にでもおすすめできる作品ではありませんし、私的にはつまらない作品と言っても過言ではありません。

この内容で「人」対「人」だと見れないレベルですね!

「人」対「アンドロイド」だからこそ見れた作品だと思います^^

 

あとはあれですね、今作で登場する「関係継続成功率」というシステムがあるのですが、こんなものが実際にあると嫌ですねw

嘘発見器ぐらい信憑性のないものですが、仲の良いカップルがこれをやって、結果がよくなかったがゆえに関係にヒビが入ってしまう姿が想像できます💦

これだけはどれだけ科学が進歩しても開発しないで欲しいと思いますw

 

ホンモノの気持ちのキャストは?

今回、今作に出演しているキャストでは2人ほど紹介したい人物がいます^^

では早速紹介していきましょう♪

 

コール役 ユアン・マクレガー

ウィキペディアより引用

1971年3月31日 スコットランド クリフ 生まれ

今作「ホンモノの気持ち」では「コール」を演じています。

実は彼、これまでの数多くの有名作品に出演している、大御所俳優なんですよね♪

そんな彼は、1992年にテレビドラマ「カラーに口紅」の主役に抜擢され、1994年には「シャロウ・グレイブ」で映画デビューを果たしています^^

そして1999年には「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」に出演。

「オビ=ワン・ケノービ」を演じて、それ以降の「スターウォーズシリーズ」にも出演しています👍

 

その後も数々の作品に出演し、2010年に公開された「ゴーストライター」では「男優賞」を受賞した経歴もあります。

そんな「ユアン・マクレガー」氏の出演する有名な作品は、

「トレインスポッティングシリーズ」「ベルベット・ゴールドマイン」「スター・ウォーズ」「ムーラン・ルージュ」「ブラックホーク・ダウン」「ビッグ・フィッシュ」「天使と悪魔」「ゴーストライター」「美女と野獣」

これらの作品が上がっていますね!

興味のある方は是非チェックしてください♪

 

ゾーイ役 レア・セドゥ

ウィキペディアより引用

1985年7月1日 フランス パリ生まれ

今作「ホンモノの気持ち」では「ゾーイ」を演じています。

彼女がデビューしたのは2006年に公開された「Mes copines」という作品でした✨

そして2年後に公開された「美しい人」という作品で「有望新人賞」にノミネートされ、その後もたくさんの作品でノミネートされている女優ですね!

ちなみに「ユアン・マクレガー」氏とは「美女と野獣」で共演しているようです👍

今作の共演はやりやすかったのではないかと思いますね♪

そんな「レア・セドゥ」さんが出演する有名な作品は、

「美しい人」「マリー・アントワネットに別れをつげて」「アデル・ブルーは熱い色」「007 スペクター」

これらの作品が上がっていますね!

興味のある方は是非チェックしてください♪

 

ホンモノの気持ちの結末は?

今作「ホンモノの気持ち」の結末に関してですが、「そんな急に終わるの?」となりましたw

まあ途中から飽きてしまい、流し見状態だった私にも問題があるのかもしれませんが、「これからどうなるの?」という感じで終わってしまいましたね💦

その後を想像するのは簡単ですが、私は「察してくれ」よりも、ちゃんと描いてくれる作品の方が好みなので残念です。。。

 

まとめ&評価

これで「ホンモノの気持ち」のレビューは終了です。

今の時代の映画には「LGBT」を取り扱った作品も多く、これまでの一般的な恋愛だけではないいろいろな恋愛が当たり前になってきている中で、今作のように「アンドロイド」と「人間」というのもそのうち実現されるかもしれませんね!

もしそれが可能になり、ルックスから性格まで自分好みでカスタマイズできるのだとすれば、人が人である必要性がなくなりそうで怖いですが、個人的にはありだと思います👍

もちろん大変な面もあるでしょうが、その分苦労も減りそうですしねw

 

ホンモノの気持ちの評価は?

最後に、今作「ホンモノの気持ち」に評価すると3.0/5.0です。

悪い作品だとは思いませんが、退屈ではあると思いますね💦

ただ、私は普段、恋愛映画は見ません。

その時点で、今作を評価するのもどうかという話ではあるのですが、恋愛映画を好んで見る人であれば「いつもと違う」そんな設定の今作を楽しめるのではないかと思いますよ👍

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA